トップページ > 会社案内 ご挨拶

会社概要

ご挨拶

理念 価値創造企業をめざす「人間性を尊重し、広く人類社会に貢献する企業をめざし人間の価値、物の価値を知り社会的責任を果たす」

創業以来90余年の歴史と実績をバックボーンに、
次代の包装、梱包から物流までをトータルにご提案。
取締役社長 石原 樹夫段ボールの箱をつくり、合成樹脂製の通箱をつくる…。すべての製造物はいろいろな資材で梱包されています。
この梱包、すなわちパッケージングは、いわばオーダーメイドの洋服づくりのようなもの。素材やカタチはもちろん、梱包、輸送の技術までも考慮して、緻密に計算された創造作品です。
私たちはつねに新しい素材や技術、合理的なシステムを提案しながら、時代に即した梱包をおとどけしています。それは、従来のパッケージ産業の枠を超えた総合パッケージ企業として、梱包の新たな価値を創造するアクト石原ならではのアプローチ。
地球規模のエコロジー、リサイクル問題やコストパフォーマンスの促進、加速するグローバル化・・・・。市場を取り巻くさまざまなファクターも視野に入れながら、アクト石原は、新たな、そして他者の追随を許さない、オンリーワンの価値創造をめざします。
当社は1924年(大正13年)の創業時の木箱づくりから、段ボールの製函へ、そして自動車、弱電産業のファクトリー内で活躍する樹脂製通箱へと時代の流れに対応してまいりました。そしてこの伝統は今もって続けられ、文字どおり、木、紙、樹脂そしてこれら素材を複合させた機能素材へと幅を広げ、時代時代のニーズに合わせた物流・梱包のあり方を提案してまいりました。その多様さは業界でも屈指と自負しています。
さらに従来の梱包が持つ保護機能にもプラスアルファが求められる今、当社においても保冷機能や防虫・抗菌機能を持つ新商品を次々と開発・提案。これら付加価値を高めた商品に加え、輸送時の作業性までも綿密に計算した梱包のスタイルからロジスティックスまで、製品に合わせた当社独自の技術でトータルに対応。“総合パッケージング企業” として徹底したお客様の満足度を追求しています。
社会の使命ともいえる環境保全問題にもいち早く取り組み、生産で出る廃材を自社加工して再び原料として活かす循環型システムも確立。また、グローバル化の面でも中国・東南アジア方面に力を注いで、生産と販売の拠点を拡大しています。すべてはお客様の満足向上を基に、社会貢献するために。アクト石原は、総合パッケージングで物流の新しい価値創造に邁進してまいります。
取締役社長 石原 樹夫
トップページ > 会社案内 ご挨拶