History

History

沿革

1924年(大正13年) 大阪市西区立売堀にて創業
1952年(昭和27年) 組織を法人に改め、石原製函株式会社と改称
1958年(昭和33年) 高槻市大畑町に高槻工場を新設、ダンボールケースの製造販売を開始。
1974年(昭和49年) 枚方市春日野に枚方工場を新設
1980年(昭和55年) 高槻市下田部町に合成樹脂工場を新設
1981年(昭和56年) 高槻市前島に包装資材の総合工場を新設し、
枚方工場・合成樹脂工場を統合。自動合理化新鋭機を増設
1986年(昭和61年) 栃木県南河内町(現・下野市)に関東工場を新設
1992年(平成4年) シンガポールに現地法人「SIC PTE. LTD.」を新設
1993年(平成5年) CIを導入し社名を株式会社アクト石原に変更
1999年(平成11年) マレーシアに現地法人「S.I.C. JB Sdn.Bhd.」設立
2000年(平成12年) ISO9002認証取得
2002年(平成14年) タイに樹脂工場設置(FRETEC CO., LTD)
2002年(平成14年) KES(KES・環境マネージメント・スタンダードステップ2)取得
2003年(平成15年) ISO9001認証取得(2000年度版)
2004年(平成16年) フィリピンにプラダン、イレクターの製造販売会社設立(ISHIP LOGIPACK INC.)
2007年(平成19年) 高槻市須賀町に合成樹脂工場を新設
2009年(平成21年) 化学物質管理システムRICHO―CMS認定
2009年(平成21年) タイにプラダンの製造販売会社設立(ACT ISHIHARA(THAILAND) CO.,LTD.)
2011年(平成23年) 高槻市須賀町に紙器印刷の新会社を設立(アクト印刷)
2012年(平成24年) 大阪ものづくり [優良企業賞] 受賞
2013年(平成25年) 太陽光発電システムを導入(高槻工場)
2016年(平成28年) ACT ISHIHARA (THAILAND) CO.LTD 工場を新設
2018年(平成30年) ISO9001 2015年版に移行
2018年(平成30年) FSC 森林認証取得

Company Info

会社情報

商号 株式会社アクト石原
創業 大正13年5月
設立 昭和27年9月
資本金 99,101,500円
事業内容
  • 包装用、運搬用の木・合成樹脂箱及び、パッキングケースの製造、販売並びに輸出入
  • 合成樹脂原料の販売
  • 不動産の賃貸及び管理
  • 一般区域貨物自動車運送業
  • 自動車運送取扱業
  • 上記に付帯関連する一切の業務
従業員 90名
主要営業品目 ダンボールケース、合成樹脂ケース、輸出用各種木箱、各種パレット、
強化ダンボール、紙器及び化成品包装、総合パッケージ材及び物流機器の
販売、建材用養生シートの販売、一般貨物の輸送。
役員
  • 取締役社長石原樹夫
  • 取締役代表石原幸一
  • 取締役工場長野﨑裕之
  • 取締役部長古木紀夫
主要取引銀行
  • りそな銀行高槻支店
  • 三井住友銀行生野支店
  • 三菱UFJ銀行茨木支店